サンスターグループのサステナビリティへの取り組み

サンスターは事業を通して社会課題解決への取り組みを積極的に行っています。また、企業として社会的責任を果たす活動を推進し、人々の健康、健やかで快適な暮らしに貢献する社会貢献活動も続けています。

社会における存在価値と目指す姿

事業を通じた社会課題解決

環境対応

品質向上・お客様対応

取り組み内容

人財尊重・育成

取り組み内容

  • 社是・経営理念・行動規範8精神の解説冊子を10言語で制作し社員に浸透
  • コンプライアンスマニュアルの共有、ハラスメント通報窓口設置
  • 各職場にコンプライアンス推進担当者設定
  • 安全管理規定制定、安全衛生委員会運営、労使懇談会運営
  • 女性の育児休業取得促進、女性の役員・管理職登用推進
  • 企業理念に即した成果を表彰する年度表彰「サンスターグローバル四賞」
  • 社員講師によるサンスターカレッジ、研修補助、通信教育、節目研修
  • 健康経営優良法人3年連続認定(心身健康道場、歯科健診など健診充実)

お口と全身の健康啓発活動

地域貢献活動

サンスターのSDGs重点テーマ

3つの目標を中心に、事業活動を通してSDGsの目標達成に貢献します。

3 すべての人に健康と福祉を

3.全ての人に健康と福祉を

お口の健康から全身の健康、そして人を取り巻く環境まで 健やかな暮らしに役立つ製品やサービスを提供してまいります。

11 住み続けられるまちづくりを

11.住み続けられるまちづくりを

建物やモビリティを含むあらゆる生活空間において人々の快適で安全な生活をサポートしてまいります。

12 つくる責任つかう責任

12.つくる責任つかう責任

調達、製造、物流、販売、生活者が製品を使い終えた後まで、製品ライフサイクル全体を通して廃棄物の発生防止、削減、再利用に努めます。

SDGs (Sustainable Development Goals=持続可能な開発目標)

SDGs (Sustainable Development Goals=持続可能な開発目標)

世界が抱える問題を解決し持続可能な社会をつくるために、2030年に向けて2015年9月の国連サミットで採択され世界各国が合意した17の国際目標。政府のみならず、産業界や市民社会など地球上のすべての人を対象とした共通目標として認識され、各企業も事業活動を通したSDGsへの貢献についてを表明し始めています。サンスターも、サンスターの強みを活かせる目標を中心に、様々な事業活動を通じてSDGsへの貢献を目指します。

長期ビジョン 経営理念 サンスターの事業概要 サステナビリティへの取り組み 環境・社会活動