サンスターのサステナビリティ〜社会の公器として〜 金田 善博 サンスターグループ代表

長期ビジョン

サンスターが描く未来のありたい姿

サンスターグループの社是は「常に人々の健康の増進と生活文化の向上に奉仕する」です。社是に基づき、創業100周年となる2032年にどんな会社でありたいのか長期ビジョンを策定しました。私たちは、社会の公器として、人々の健康と生活環境に関わる社会課題を解決し、心身ともに健やかで快適な生活をサポートする製品やサービスを作り続けていくことが使命です。この考え方は、未来を担う若い世代の方々にも共感されると信じています。

2032年のありたい姿

人々の健康寿命延伸と生活の質(QOL)向上に向けて、予防医療やウェルネスの観点からお口の健康を起点とした全身の健康増進に寄与する製品・サービスを創造する。そして建物やモビリティを含むあらゆる生活環境において、人々が心身ともに健やかで快適な生活を一生涯を通じておくれるようトータルサポートし、世界で最も信頼できる企業の1つとして認められている。

上記のありたい姿を実現していくため、社会から求められる以下の取り組みに積極的に対応する

環境

地球環境の健全な営みを維持できるように、製品のライフサイクル全体での環境負荷を削減し、有限な資源の有効活用を実現するビジネスモデルを構築している。

パートナーシップ

お客様はもとより、地域の方々や各分野の専門家、取引先などに寄り添い、連携を深め、さらに積極的に情報を開示することで良好なパートナーシップを築き、社会課題の解決に向けた協力をすすめている。

人財

グローバルな視点からそれぞれの多様性を認め合いながら切磋琢磨し、心身ともに健康的に働くことができる職場を世界中で提供することで、社員幸福度の世界一を実現している。

経営基盤

コンプライアンス、リスクマネジメントに関する方針・体制を構築し、コーポレート・ガバナンスを確立することで、世界で最も信頼できる企業として盤石な基盤を築いている。

社会課題解決に向けての貢献

例えば、人々の健康寿命の延伸に向けて、消費財事業が取り組む「オーラルフレイル予防」という概念は、とても重要なテーマです。私たちの強みは、口腔の健康という視点から全身の健康に寄与する製品・サービスを創造することです。

また、生産財の事業を通して、建物やモビリティを含むあらゆる生活環境において、人々の快適な生活をサポートしていきたいと考えています。

そして、私たちは物づくりを基本とする企業として、環境保全に寄与していくことは不可欠です。各エリアの生産工場ではISO14001の認証を取得するなど環境へ配慮した取り組みを行っています。今後も環境面における社会課題解決に向けて、私たちに何ができるのか議論を深めてまいります。

これらの活動は、国連が制定したSDGsの達成に対しても貢献できると考えています。サンスターグループらしい、プラスαの独自性のある取り組みを行いSDGsの達成に寄与してまいります。

サンスターのSDGs重点テーマ

SDGs (Sustainable Development Goals=持続可能な開発目標)1 SDGs (Sustainable Development Goals=持続可能な開発目標)2

SDGs (Sustainable Development Goals=持続可能な開発目標)

世界が抱える問題を解決し持続可能な社会をつくるために、2030年に向けて2015年9月の国連サミットで採択され世界各国が合意した17の国際目標。政府のみならず、産業界や市民社会など地球上のすべての人を対象とした共通目標として認識され、各企業も事業活動を通したSDGsへの貢献についてを表明し始めています。サンスターも、サンスターの強みを活かせる目標を中心に、様々な事業活動を通じてSDGsへの貢献を目指します。

社会や人々の多様性(ダイバーシティ)の大切さ

西洋的な「多様性」の視点に加え、アジアをはじめとした他の地域の視点をもっと取り入れても良いと考えています。例えば、いずれの地域においても多様性ニーズへの取り組みが大切になってくるでしょう。

社内の取り組みとしてのダイバーシティ&インクルージョンの重要性も強く認識しています。多様な意見や提案を受け入れる風土・環境づくりが重要です。国籍・ジェンダー・年齢などの差別なく成果を評価し、社員が伸び伸びと活躍できる風土を作ることを目指しています。

お客様、取引先、協業先、地域社会、就職意向者、社員とのパートナーシップを大切にし、サンスターグループが、将来においても、社会になくてはならない存在価値の高い社会の公器として発展していくために努力してまいります。

長期ビジョン 経営理念 サンスターの事業概要 サステナビリティへの取り組み 環境・社会活動