ホーム > お問い合わせ > 製品Q&A > オーラルケア製品 歯間クリーナー

オーラルケア製品 歯間クリーナー

歯間クリーナーにはどんな種類がありますか?

歯間ブラシ・デンタルフロス・ソフトピック等があります。
詳しくはこちらをご参照ください。

歯間クリーナーはいつ使うのがおすすめですか?

お口をすっきりさせたい時などいつご利用いただいても結構ですが、歯みがき後がおすすめです。
ハブラシで全体的に磨いてから、細部を清掃することをおすすめします。

デンタルフロスの上手な使用方法を教えてください。

(A) (B)

  • 1フロスを40cm程度に切り、両端を両手中指に約15cmの間隔で巻きつけます(A)。
    両手の親指と人差し指で1~2cmの間隔でフロスをピンと張ります(B)。

(C)

  • 2鏡をみながらゆっくりと、片方の手の指を歯の外側に、もう片方の指は歯の内側に入れ、やさしく前後させながら歯面に沿うように挿入します。
    フロスを歯に引っかけるようにして、上下に数回動かし歯の側面を清掃します(C)。

基本となる持ち方や場所による使い方など詳細はこちらをご覧ください。

  • 手にフロスを巻き取るタイプの他にハンドル付の用意もございます。
    慣れない方はハンドル付からお試しいただくのも一つの方法です。

ガムのデンタルフロスにはどんな種類がありますか?

現在店頭で発売しているデンタルフロスです。

ガム・デンタルフロス ワックス フラットタイプ

狭い歯間にも使いやすいよう、細い糸をこまかく編みこんだ平らなタイプで、
歯周プラーク(歯垢)を除去します。
ワックス付き・50m

ガム・デンタルフロス ワックス ふくらむタイプ

使用中にお口の中でふくらむソフトなフロスで、効果的に歯周病の原因菌が
ひそむ歯周プラーク(歯垢)を絡め取ります。
ワックス付き・40m

ガム・デンタルフロス アンワックス ふくらむタイプ

使用中にお口の中でふくらむソフトなフロスで、効果的に歯周病の原因菌が
ひそむ歯周プラーク(歯垢)を絡め取ります。
ワックスなし・40m

ガム・デンタルフロス&ピックY字型

ゆるく張ったフロスで奥歯にも使いやすいY字型。
細くやわらかいピック付き
30本入り

ガム・デンタルフロス ふくらむタイプの「ワックス」と「アンワックス」の違いは何ですか?

「ワックス」は、歯と歯の間に挿入する時の滑りをよくするためにフロスの表面に
ワックスを塗っています。歯と歯の間に挿入することが苦手な方は「ワックス」が
おすすめです。「アンワックス」はワックスを塗っていません。

ガムのデンタルフロスの中で狭い歯間に挿入しやすいのはどれですか?

「ガム・デンタルフロス&ピックY字型」です。
ハンドル付きで操作性がよく、また耐久性のある細い超高分子量ポリエチレンフロスを採用していますので、狭い歯間部にも入りやすいフロスです。

ガム・イージースルーフロス

 

手に巻き取って使うタイプの中では使用前のフロスの太さに大差はありませんが、
「ガム・デンタルフロス ワックス フラットタイプ」は細い糸がこまかく編みこまれた
平らなタイプで狭い歯間に入りやすいよう工夫されています。

一度使用したフロスは、洗って再利用できますか?

衛生上、毎回新しいものを使用するようにしてください。

フロスが上手く切れません。フロスを切るコツはありますか?

フロス(ガム・デンタルフロス、オーラツーデンタルフロス)を切り取る際は、カッター部にフロスを掛け、 手前に引きながらフロスを切ります。

手前に引きながらフロスを切り取ります

上にフロスを引くと擦れてほつれやすく、切り屑がたまりやすくなります

  • カッター部にフロスの切れ屑がたまっていると、フロスが切れにくくなりますので、カッター部にフロスの切れ屑がある場合は取り除いてからお試しください。

歯間ブラシのサイズの選び方を教えてください。

歯間ブラシには小さいタイプのサイズSSS(1)から大きいタイプのサイズL(5)まで様々なサイズがあります。
歯間部の大きさと異なるサイズの使用は、歯やハグキを傷つけたり、ワイヤーが折れて飲み込む原因になりますので、部位に合ったサイズを選ぶことが重要です。
初めてお使いの方は小さいタイプのサイズSSS(1)などからお試しください。また、サイズSSS(1)が挿入できない時はデンタルフロスを使用してください。

サイズは部位によっても異なります。お口の状態を見ていただきながら歯医者さんにご相談されるのもよい方法です。

サイズ詳細についてはこちらをご覧ください。

歯間ブラシの上手な使用方法を教えてください。

  1. 歯間部のサイズにあった大きさのブラシを選びます。 初めてお使いの方は小さいタイプのサイズSSS(1)などからお試しください。 歯間部の広さは部位によっても異なります。お口の状態を見ていただきながら 歯医者さんにご相談されるのもよい方法です。
  2. 鏡を見ながら、ブラシの先端部分を歯間部に真っ直ぐ挿入し数回動かしてください。
    ※ 奥歯の清掃にはL字形状をおすすめします。
    【ガムシリーズの奥歯使用例】
    L字型:そのままでお使いください I字型:ブラシ部の根元(プラスチック部分)から折り曲げてL字形状にします。ワイヤー(金属部分)は曲げないでください デュアルアングル:指当て部を下方に固定するまでスライドさせてL字形状にしてください

  3. 使用後は水洗いし、水をよく切って保管してください。
    歯間ブラシの使い方詳細はこちらもご参照ください。

歯間ブラシはどれくらいで取り替えたらいいですか?

お使いになる部位数や頻度によって異なります。
毛が乱れたり、ワイヤーが曲がりやすくなってきたら、交換してください。

ガム・イージースルーフロス

ガムの歯間ブラシにはどんな種類がありますか?

現在店頭で発売している歯間ブラシです。

ガム・歯間ブラシAC L字型

歯周病になりやすい奥歯を磨きやすいL字型。
抗菌三角毛で歯周プラーク(歯垢)を効果的に除去。
折れにくく、曲がりにくい、⾼強度ワイヤーを採⽤。
サイズ:SSS(1)・SS(2)・S(3)・M(4)・L(5)

ガム・歯間ブラシI字型

曲げやすいネック部で、届きにくい⻭間にも使いやすいI字型。
抗菌三⾓⽑で⻭周プラーク(⻭垢)を効果的に除去。
携帯にも便利なキャップ2個付。
サイズ:SSS(1)・SS(2)・S(3)・M(4)・L(5)

ガム・ソフトピック カーブ型 無香料

ハグキにやさしいゴムタイプ。奥歯にも届きやすいカーブ型で、歯間部になめらかにフィットして歯間の歯周プラーク(歯垢)をかきだします。
サイズ:SSS~S

ガム・ソフトピック 無香料

ハグキにやさしいゴムタイプ。歯間の食べかすや歯周プラーク(歯垢)をかきだします。
サイズ:SSS~S・SS~M

ガム・ソフトピック ミント付き

ハグキにやさしいゴムタイプ。
ミントフレーバー付きで清掃中や清掃後も爽快に。
サイズ:SSS~S・SS~M・S~L