ホーム > 企業情報 > プレスリリース > サンスター、健康寿命の延伸を目指し 健康診断に「オーラルフレイルチェック」導入開始 ~「健康経営優良法人2019」3年連続認定~

サンスター、健康寿命の延伸を目指し
健康診断に「オーラルフレイルチェック」導入開始
~「健康経営優良法人2019」3年連続認定~

2019年3月25日
サンスターグループ

サンスターグループ(以下サンスター)の日本法人各社*は、経済産業省と日本健康会議が実施している「健康経営優良法人(大規模法人部門)2019」に3年連続で認定されました。


サンスターにおける従業員の健康管理の特徴は、充実した健康診断・歯科健診、要経過観察対象者の継続的支援と、従業員向け健康増進施設「サンスター心身健康道場」を活用した宿泊型健康指導です。この特徴の一つである歯科健診に、新たに「オーラルフレイルチェック」を追加いたします。2019年4月より、試験的に東京エリアの45歳以上の従業員を対象とし実施し、次年度以降、日本全エリアの社員に実施する予定です。


オーラルフレイル予防は高齢者向けのものと思われがちですが、お口の機能の衰えは40歳から始まり、ささいな変化を見逃さずに早い段階でお口の変化に気づき、健康な状態に戻すための適切なケアとトレーニングをしていくことが重要です。この取組みを通じて、まずはオーラルフレイルを啓発する立場の弊社従業員、そしてその家族に気づきを与えるとともに、これらの啓発活動を通じて、これからも皆様が健やかな歯とお口で、元気に楽しい毎日を過ごせるよう、オーラルフレイル予防事業の創造と健康啓発に努めてまいります。

*サンスター株式会社、サンスター技研株式会社、STARLECS株式会社、一般財団法人 サンスター財団


サンスター財団歯科衛生士による
歯科健診の様子

オーラルフレイル問診票

オーラルフレイルチェックで使用する
iPhoneアプリ 「毎日パタカラ」

本件に関するマスコミからのお問い合わせ先
サンスターグループ 広報部   TEL:03-5441-1423 FAX:03-5441-8774
〒105-0014 東京都港区芝3-8-2 芝公園ファーストビル21階 http://jp.sunstar.com

参考資料

<オーラルフレイルとは>

「オーラルフレイル」とは、滑舌の低下、食べこぼし、飲食時の「むせ」など、ほんのささいなお口の衰えをきっかけにお口の機能が低下し食べる機能の障害へと進む現象を指し、これが、体力・筋力の低下を招き、全身のフレイル(虚弱)につながるという新たな概念です。

サンスターは、健康寿命の延伸に寄与すべく、オーラルフレイル予防啓発に取り組んでいます。昨年12月よりお口の動きのチェックやトレーニングができる無料iPhoneアプリ「毎日パタカラ」と、オーラルフレイル予防の啓発アニメーション、啓発冊子をウェブサイトで公開しています。サンスターオーラルフレイルサイトhttp://jp.sunstar.com/oral-frail/


iPhoneアプリ「毎日パタカラ」は、通話用マイクに向かって「パ・タ・カ」音を一定時間に連続で何回発音できるかによって、唇や舌の動きの状態を確認できるというものです。また、お口の機能を維持する毎日のトレーニングをガイドします。
今回のオーラルフレイルチェックでも使用。

<サンスターグループ従業員向け健康管理の特徴的な取り組みについて>

サンスターは、1963年に社是「常に人々の健康の増進と生活文化の向上に奉仕する」を制定し、「健康産業に携わる従業員は健康であるべき」との考えのもと従業員の健康増進に努めています。

サンスターでは、一般社団法人サンスター財団が、従業員の健康管理、健康増進を担っており、充実した健康診断・歯科健診を実施しています。健診の結果、要経過観察となった対象者には、医師・保健師による面談及び健診や、6ヵ月後には再度血液検査などを実施し、従業員の健康意識を高めることにより重症化予防に取り組んでいます。特定保健指導の積極的支援対象者には、1985年設立の社内福利厚生施設「サンスター心身健康道場」にて、玄米菜食、運動などの体験と、管理栄養士、歯科衛生士、健康運動指導士などのアドバイスで生活習慣のクセ・歪みに気づき、無理のない健康づくりを身につける2泊3日の宿泊型健康指導プログラムを提供しています。本プログラムについては、外部研究機関による効果検証にて、健康指標改善および生活習慣の行動変容効果が確認されています。



<健康経営優良法人とは>

保険者と連携して従業員の健康管理を経営的な視点で考え、戦略的に取り組んでいる大規模法人を顕彰する制度として経済産業省と日本健康会議が2017年から実施しています。