ホーム > お役立ち情報 > デンタルフロス/歯間ブラシの使い方

デンタルフロス/歯間ブラシの使い方

どうしてデンタルフロスや歯間ブラシをつかわないといけないの?

歯間ブラシ、デンタルフロス製品画像

ハブラシでブラッシングしただけでは、歯と歯の間は十分みがけない事があり、プラーク(歯垢)や食べかすが残ってしまいます。みなさんもご存じのとおり、ムシ歯や歯周病の原因はプラークです。

そこで、デンタルフロスや歯間ブラシを使って、ハブラシでは届かない、歯の側面についたプラークや、歯と歯の間に入りこんだ食べかすを、きれいに取り除きましょう。
そして、きれいで健康な歯を保ちましょう。


ブラッシング+歯間ブラシ(85%)、ブラッシング+フロス(79%)、ブラッシングのみ(61%)
歯間ブラシの歯間部のプラーク除去効果(日歯保存誌、48、272(2005年))

ハブラシによるブラッシングだけでは、歯と歯の間のプラーク(歯垢)の61%しか除けなかったのに対して、フロスを併用すると79%、歯間ブラシを加えると85%まで除去できました。


デンタルフロス

歯間ブラシ

1.デンタルフロスの使い方

デンタルフロスの使い方を”動画”で見る別ウインドウで開く

基本となるフロスの持ち方

慣れるまでは、鏡を見ながらあせらずゆっくりと行ってください。

1.フロスを約40cm程(指先からひじまで)の長さに切ります。

2.フロスの片側を左手中指に2~3回巻きつけます。

3.さらに両手の間隔が10~15cmになるように右手中指に残りの部分をはずれないように巻きつけます。
(※女性は10cmくらいがお勧めです。)

4.両手の親指と人差し指でつまんでピンとはります。
このとき指の間は、1~2cmはなしてください。
(※短めにもって、ピンとはることが大切です。)

場所によるフロスの持ち方と使い方

フロスは、場所によって使い方がやや異なります。お知りになりたい場所をクリックしてください。

上の奥歯 下の奥歯 上の前歯 下の前歯

上の前歯

[持ち方]
左もしくは右手の親指ともう一方の手の人差し指で上向きにフロスを押さえます。

上の奥歯

[持ち方]
両手の人差し指で上向きにフロスを押さえます。

下の奥歯

[持ち方]
両手の人差し指で下向きにフロスを押さえます。

上の歯への挿入の仕方

片方の手の指を歯の外側に、もう片方の指は歯の内側に入れます。歯と歯の間に斜めにスライドさせながら、前後にゆっくり動かし、一度歯ぐきの下あたりまでゆっくりと引き下げます。
(※糸をピンと張っていなかったり、力まかせに無理に挿入してしまうと、歯ぐきを傷つけてしまう恐れがあります。)

下の歯への挿入の仕方

片方の手の指を歯の外側に、もう片方の指は歯の内側に入れます。歯と歯の間に斜めにスライドさせながら、前後にゆっくり動かし、一度歯ぐきの下あたりまでゆっくりと引き下げます。
(※糸をピンと張っていなかったり、力まかせに無理に挿入してしまうと、歯ぐきを傷つけてしまう恐れがあります。)

清掃の仕方

フロスを歯にひっかけるようにして、上下に数回動かし、歯の側面を清掃します。同じことを隣の歯の側面でも行ってください。

抜き方

挿入と逆になるよう、ゆっくりと抜いてください。もしうまく抜けない場合は、片方の指からフロスをはずして、ゆっくりと前から引き抜いてください。

次の歯へ

次の歯と歯の間を清掃するときは、使用した部分をずらして、新しい部分で同じ操作を繰り返してください。
※図中の赤い個所は、使用した部分です。

ページのトップへ

2.デンタルフロス「こんな時どうする?」

フロスはいつ使ったらいいの?

歯磨きした後に使用してください。

糸が引っかかった時はどうしたらいいの?

普段よりもフロスがすべりにくく、歯に引っかかったり切れやすいときは、歯の詰め物が取れているなど、歯や詰め物の状態をチェックした方がよい場合がありますので、歯科医師にご相談ください。

出血するけど、大丈夫?

A:歯ぐきに炎症がある場合などは使用始めの頃は出血することがあります。但し、出血が続いたり痛みがあるようでしたら歯科医院へご相談ください。

※ご注意

  • 使い方がよくわからないときには、歯科医院にご相談下さい。
  • 糸が引っかかったり切れたりしやすい場合は、歯と歯の間にムシ歯がある恐れがありますので、歯科医院でご相談ください。
  • 衛生上、毎回新しいものを使用するようにしてください。
  • 歯ぐきに炎症がある場合には出血することがありますが、毎日の使用で次第に出血が少なくなってきます。
  • 出血が続くようでしたらお口に異常がある場合があります。お早めに歯科医院にご相談ください。

ページのトップへ

3.歯間ブラシの使い方

歯間ブラシの使い方を”動画”で見る別ウインドウで開く

歯間ブラシは使う場所や使用する歯間ブラシのタイプによって、使い方がやや異なります。知りたい場所をクリックしてください。

前歯:I字型・L字型 奥歯:I字型 奥歯:L字型

前歯L字型

前歯I字型

使い方
歯間部にゆっくり歯間ブラシを挿入して、前後に数回動かしてください。

奥歯I字型

使い方
歯間ブラシのプラスチック部分からブラシ部分を折り曲げてください。

奥歯I字型、L字型

使い方
あまり口を大きくあけず、歯間ブラシで頬の内側を押し出すようにしてブラシ部分を歯間部に挿入し、左右に数回動かしてください。

使った後は

ゆすぎ方
歯間ブラシを使った後、口をすすいでください。また歯間ブラシは流水でブラシ部分をよく洗って、乾燥させてください。

ページのトップへ

4.歯間ブラシ「こんな時どうする?」

サイズの選び方は?

歯間ブラシにはSSS(1)からL(5)まで様々なサイズがあります。お口の中の状況も一人一人違います。ご自分のハグキの状態や使いたい部位に合ったサイズを選ぶことが重要です。

歯間ブラシを選ぶ時の一つの目安として、歯間ブラシを挿入した時、無理なく(抵抗なく)動かせるサイズを選ぶようにしてください。また、サイズSSS(1)が挿入できない時はデンタルフロスを使用してください。

※サイズ表記は全日本ブラシ工業協働組合による通過径の自主規格に基づくものです

奥歯に上手く挿入できないんだけど…

奥歯への挿入は頬が邪魔になり、また見えにくいので歯間ブラシを挿入するのは難しいものです。口を大きく開けてしまうと、頬と歯の隙間が狭くなってしまうので、口をやや閉じ気味にして歯間ブラシの柄の部分で頬の内側を押し出すようにして挿入してみてください。

出血するけど、大丈夫?

ハグキに炎症がある場合などは、使用始めの頃に出血することがあります。出血が続くようでしたら、歯科医院へご相談ください。

使い捨てにしなくても清潔ですか?

ハブラシと同じように、ブラシの毛先が痛むまで繰り返しご使用いただけます。使用後はブラシ部分を流水で洗い、風通しのいい所でブラシ部を乾燥させてください。

1本の歯間ブラシでどれぐらい使えるの?

お使いになる部位数や頻度によって異なります。ブラシの毛先が傷んだり、ワイヤーが曲がってしまったら、早めに交換してください。

歯間ブラシを使うと歯間が広がりそうで心配なんですが…

歯間ブラシが入りにくいところに無理に入れたり、歯間ブラシのワイヤー部分で歯をゴシゴシこすったりすると、歯やハグキが擦り減ることがあります。自分に合ったサイズの歯間ブラシを正しく使用することが大切です。また、ブラシの毛先が傷んできたら早めに交換しましょう。

ページのトップへ

おすすめの歯間クリーナー