ホーム > お役立ち情報 > オーラルフレイル予防による健康寿命の延伸 > オーラルフレイル予防として“食べられる口”を維持するには

オーラルフレイル予防として“食べられる口”を維持するには


東京都健康長寿医療センター 歯科口腔外科 部長
平野 浩彦先生

80歳になっても20本以上の歯を保つことを目標に、1989年からスタートした「8020運動」。開始当初は1割に満たなかった目標達成率が2016年には5割を超え、大きな成果を上げています1)。その一方で、高齢者に対する口腔機能向上へのアプローチは未だ不十分であるとの報告もあります2)。口の軽微な衰えである「オーラルフレイル」を予防し、食べる機能を守るにはどのような対策が必要なのか、飯島先生とともにオーラルフレイルの概念を構築された、東京都健康長寿医療センター歯科口腔外科 部長の平野浩彦先生に解説していただきます。


“食べられる口“の維持にまず必要なのは歯を残すこと

食べる機能を支えるには、健康な歯と歯ぐきを保つことが最も重要です。1989年より厚生省(当時)と日本歯科医師会は、「生涯、自分の歯で食べる楽しみを味わえるように」との願いを込め、80歳で20本以上の歯を保つことを目標に「8020運動」を展開してきました。「80歳で20本以上」という目標は、20本以上の歯があれば食生活にほぼ満足することができるとの調査結果から設定されています3)

歯を失う主な原因はう蝕(むし歯)と歯周病です。う蝕や歯周病の予防には、適切なブラッシング(歯面および歯と歯ぐきの間の清掃)と、歯間ブラシ(歯と歯の間の清掃)の両方による歯周プラーク(歯垢)の除去が不可欠です。ただし、歯周プラークは放置すると歯石になり、セルフケアで除去することが困難になります。かかりつけの歯科医を持ち、定期的にクリーニングと健診を受ける必要があります。また、8020が達成できなくても、失った歯を義歯などで補い口の中の状態を良好に保つことで、食べられる口の維持につとめることが重要です。

また、栄養を十分摂取するとともにおいしく食事を楽しむには、歯を残すことと同時にかみ砕く(咀嚼)、飲み込む(嚥下)といった口腔機能の向上にも目を向けていかなくてはいけません。口腔機能には、咀嚼や嚥下、発音などがあり、唾液分泌、舌圧、滑舌、咬合力などさまざまな要素で構成され、これらの機能の低下は生活の質(QOL)に大きな影響を及ぼします。さらに、口のささいな衰えを放置してしまうと要介護のリスクが高まることから、健康寿命を延ばすには「歯を残すこと」と「口腔機能を保つこと」の両輪で取り組んでいく必要があります(図1)。



8020運動に加えてオーラルフレイル予防が求められる時代に

8020運動開始当初は1割にも満たなかった8020達成者も、2016年には5割を超えるまでになり1)、「歯を残すこと」に対する意識は高まってきたように思います。その一方で、口腔機能の低下予防に対する関心は決して高いとはいえず、予防対策も不十分なのが実情です。

このような状況の中、柏スタディの研究知見などを踏まえ、飯島先生をはじめとした老年医学の専門家を中心にオーラルフレイルの概念が2014年に提唱され、口腔機能低下の過程を可視化したモデルの作成が進められました。私も歯科医師の立場から意見を出し、オーラルフレイル概念図作成に参加しました(図2)。

オーラルフレイルの概念は、①口の健康への意識の低下、②日常生活でのささいな口のトラブルの連鎖、③かむ力など口腔機能の低下、④咀嚼障害や摂食嚥下障害など食べる機能の障害、の4つのフェーズから構成されています。③の口腔機能低下の段階であれば適切に対処することで健康な状態に戻すこともできますが、「障害」という病状である④に入ると元に戻すのが難しくなってしまいます。このような不可逆的な状態に陥らないためには、③の段階で積極的に歯科的介入をして重症化を防ぎ、口腔機能の回復と維持に努める必要があります。

しかし口腔機能低下を診断・治療するための適切な病名がなく、日本老年歯科医学会では、2013年から「高齢者の口腔機能低下を病名にできるか」をテーマにしたワークショップを開催するなど議論を重ねてきました。そして、「口腔機能低下症」の疾患概念と診断基準をまとめて2016年11月に公表、2018年度4月に口腔機能低下症が病名として認められるに至ったのです。

口腔機能低下症とオーラルフレイルは混同されやすいのですが、口腔リテラシーの低下から口のささいなトラブルや口腔機能の低下を経て、最終的に食べる機能が障害されるまでのすべてが“オーラルフレイル”であり、口腔機能低下症はオーラルフレイルの概念を構成する一要因と位置づけられます。肥満や高血圧、高血糖、脂質代謝異常など複数の異常や病気が重なり合い、心臓病や脳梗塞などの動脈硬化性疾患をまねきやすい病態を「メタボリックシンドローム」と呼ぶのと同じイメージです。