ホーム > お役立ち情報 > オーラルフレイル予防による健康寿命の延伸

オーラルフレイル予防による健康寿命の延伸

食事中にむせる、食べこぼすといったささいな口の衰えが、食べ物を噛み砕き、飲み込むなどの口腔機能低下につながり、やがて食べる機能の障害へと至る「オーラルフレイル」。このオーラルフレイルを予防することが全身の虚弱(フレイル)を防ぎ、健康寿命の延伸に大きく寄与することがわかってきました。高齢化社会の介護問題解決の鍵を握るオーラルフレイル予防の最新情報をご紹介します。

よく食べ、元気に年を重ねるための秘訣を医科・歯科のトップランナーに聞く

老年医学の専門家で、お口の筋肉の衰えが全身の虚弱に大きく影響していることをいち早く明らかにした東京大学高齢社会総合研究機構 教授の飯島勝矢先生にその経緯と栄養摂取の新常識を、歯科医として高齢者医療に長年携わり、お口の食べる機能の維持に早くから取り組んできた東京都健康長寿医療センター歯科口腔外科 部長の平野浩彦先生に、お口の機能低下が病気として認められた経緯とお口の機能維持のノウハウを解説いただきました。

・健康寿命延伸のキーワード、「フレイル」「オーラルフレイル」とは 

東京大学 高齢社会総合研究機構 教授 飯島 勝矢先生

・オーラルフレイル予防として“食べられる口”を維持するには

東京都健康長寿医療センター 歯科口腔外科 部長 平野 浩彦先生

PDF版のダウンロード

 

オーラルフレイル情報サイトはこちら