ホーム > お役立ち情報 > 歯周病と糖尿病

歯周病と糖尿病

世界中で急激に増加している糖尿病。2011年時点で世界の人口約70億人中、糖尿病と推定される人は約3億6600万人と言われています(国際糖尿病連合調べ)。近年、歯周病と糖尿病とがお互いに関係することが明らかになってきました。

糖尿病とは

糖尿病とは、食べたものから分解された糖分が、体内に吸収されにくくなり、血液中に糖分が溜まってしまう状態(高血糖)が続く病気です。このような高血糖状態が続くと、心臓病、腎臓病、脳卒中、失明などの合併症を引き起こしてしまいます。実は、歯周病が糖尿病と深く関連する病気であるということがわかり、歯周病は「糖尿病の合併症」と言われるようになりました。

また、合併症を引き起こすと生活の質(QOL)が衰え、大変つらい生活を過ごす結果にもつながりかねませんので、診断結果や症状のサインを見逃さないようにしてください。

糖尿病から歯周病への影響

糖尿病で高血糖状態が続くと、体の中の防御反応が低下して、感染症にかかりやすくなるといわれています。細菌感染を原因とする歯周病についても同様であり、糖尿病の人は健康な人に比べて歯周病にかかるリスクが高まると言われています。

また、高血糖状態でハグキの血管が傷んでしまうことで、歯周病が進行しやすくなります。

歯周病から糖尿病への影響

歯周病により、ハグキの中で作り出される炎症性物質は、血液を介して血糖をコントロールするホルモンであるインスリンの働きを妨げ、糖尿病を悪化させる可能性があります。特に2型糖尿病の方に関しては、歯周病の歯周治療を行うことで、インスリン抵抗性が改善することなどが報告されており、糖尿病の血清コントロールに歯周治療が重要であることが、認識されてきています。

「糖尿病と歯周病」に関するサンスターグループの取組み

サンスターでは「歯周病と糖尿病」に関する研究や活動に取り組んでいます。
歯周病と糖尿病のかかわりについては1960年代から一部の歯科医師が指摘しており、サンスターも注目し始めていましたが、大きく動き出したのは、1990年代になって科学的なデータが整い始めてからです。

1997年に、サンスターは世界でもいち早く、「歯周病と健康とのかかわり」についての国際シンポジウムをアメリカ・ノースカロライナ州で開催し、歯周病と糖尿病についても取り上げました。その後、2009年からは、ハーバード大学医学部附属ジョスリン糖尿病センターと連携して、糖尿病と歯周病、糖尿病と栄養に関する活動を始めています。

関連サイト

うまくつきあうコツを見つけましょう!糖尿病とうまくつきあうポータルサイト
『糖尿病患者様が語る、歯周病治療の大切さや治療をして感じたこと』はこちら!別ウインドウで開く