ホーム > お役立ち情報 > ムシ歯

ムシ歯

ムシ歯とは何かを知り、ムシ歯の予防の仕方を身につけることで口内の健康を保ちましょう。

ムシ歯とは

ムシ歯とは、ミュータンス菌などのムシ歯菌が出す酸によって、歯のカルシウムが溶かされ、歯がもろくなり、ついには穴が開いてしまう病気のことです。ムシ歯は歯周病と同じように、重症になるまでは自覚症状が少ないため自分では気づきにくいことが特徴です。

しかし、歯に穴が開く前に定期健診などで発見できれば、元の状態に戻すことができます。

ムシ歯の原因

細菌(虫歯菌が多い、歯磨きが不十分など)・歯質(フッ素を使った歯質強化をしていない、再石灰化されにくいお口の環境、葉の質が弱いなど)、食べ物(甘いものを良く食べる、間食が多い、ダラダラ食い、食後に歯みがきをしない など)、3つの要因が悪い条件で重なった時にムシ歯が発症

食べ物を摂取すると、プラーク(歯垢)中のムシ歯菌によって、酸が作られ、歯の表面からカルシウムイオンやリン酸イオンなどのミネラル成分が溶け出します(脱灰)。

一方、唾液中の浄化作用や緩衝作用によってお口の中のpHが中性付近になると、唾液中のミネラル成分が歯に戻り、健全な歯の状態へ回復します(再石灰化)。この脱灰と再石灰化のバランスが、崩れるとムシ歯が発生します。

食習慣やお口の衛生状態などの影響で、「歯質」「食べ物」「細菌」の3つの要因が悪い条件で重なると脱灰と再石灰化のバランスが崩れ、ムシ歯が発生します。

したがって、ムシ歯菌が多い人、歯の質が弱い人、唾液量が減っている人、間食や甘いものを多く摂る人は、ムシ歯になるリスクが高いのです。食習慣やお口の衛生状態をコントロールすることで、ムシ歯は予防できます。

ムシ歯の予防/対策

ムシ歯の予防には、ブラッシングでお口の中を清掃(プラークコントロール)してムシ歯菌を取り除くことが必要です。また、ムシ歯になりかけの歯は、再石灰化することで、もとの状態へ戻すことができます。再石灰化には、フッ素入りの歯磨剤が有効です。

甘いものをよく食べる方や、酢やスポーツ飲料などをよく飲まれる方などは、口の中が酸性の状態にならないように、こまめにうがいをすることをお勧めします。

ムシ歯は進行すればするほど削る量も治療回数も治療費も増える病気です。早めに発見することがムシ歯から歯を守る秘訣です。自覚症状が出る前のムシ歯なら、歯を削ることなく治療することが可能な場合もあります。

しかし、自覚症状のないムシ歯を自分で発見するのは至難の業なので、削らずに済む初期のムシ歯のうちに発見できるよう、定期健診で歯科医師や歯科衛生士にチェックしてもらいましょう。

ワンポイント フッ素について

フッ素は、歯の脱灰を抑制し、再石灰化を促進します。また、歯質を強化する作用もあり、ムシ歯予防には欠かせない成分です。歯科医院では、ムシ歯予防の専門的処置として、フッ素塗布が行われます。家庭ではフッ素配合の歯磨剤(医薬部外品)を使用し、積極的にムシ歯予防をしましょう。
フッ素について詳しくはこちらをご覧ください。
ムシ歯とフッ素の働き

ムシ歯 関連情報

サンスターは下記ページでもムシ歯とその予防に関する情報を掲載しています。

ムシ歯予防のおすすめ製品