ホーム > お役立ち情報 > がん治療と口腔ケア > 「がん治療を支える歯科の介入~食道がん手術の周術期における口腔ケアの重要性~」(3)

「がん治療を支える歯科の介入~食道がん手術の周術期における口腔ケアの重要性~」(3)

二重、三重の支持療法で術後肺炎発症の予防に取り組む

本日ご紹介したデータから、術後肺炎予防には、①術前からの栄養状態の改善、②術前からの口腔ケア、この2つが非常に重要であることがわかります。前述の通り、当院では開院時の2002年より胸部食道がん周術期パスに口腔ケアを導入してきましたが、2010年からは地域の歯科医院と連携した口腔ケア介入を行っています(図3)。すなわち、入院中の口腔ケアと衛生状態の評価、歯科的治療は院内の歯科口腔外科で行い、入院するまでと退院後の口腔ケアの指導や、歯石の除去、歯周病の治療などは患者さんのご自宅に近い歯科医院で実施、フォローしていただくシステムが構築されているのです。

図3:食道がん周術期における歯科口腔外科の介入

現在の当院の胸部食道がん周術期パスには、このような地域の歯科医院との連携による口腔ケアとリハビリテーション科による呼吸器リハビリテーションに加えて、体重減少の抑制のため、術前から栄養管理介入も導入されています(図4)。つまり、二重、三重の支持療法で術後肺炎の発症予防に取り組んで手術に臨んでいるわけです。1990年代までの食道がん手術では、ほぼ手術を執刀する外科医だけが治療を行っていましたが、現在はリハビリテーション科や歯科口腔外科、歯科衛生士も加わり、さまざまな診療科や他職種が連携して患者の治療にあたる時代へと変化してきています。これからも、我々静岡がんセンターでは術前の適切な口腔ケアの施行により、術後肺炎発生の低減に取り組んでまいります。

図4:現在の胸部食道がん周術期パス

【文献】
1). Earlam R, Cunha-Melo JR. Oesophageal squamous cell carcinoma: 1. A critical review of surgery. Br J Surg 1980;67:381–90.
2). Muller JM, Erasmi H, Stelzner M, Zieren U, Pichlmaier H. Surgical therapy of oesophageal carcinoma. Br J Surg 1990;77:845–57.
3). Fang W, Kato H, Tachimori Y, Igaki H, Sato H, Daiko H. Analysis of pulmonary complications after three-field lymph node dissection
for esophageal cancer. Ann Thorac Surg 2003;76:903–8.
4). Law S, Wong KH, Kwok KF, Chu KM, Wong J. Predictive factors for postoperative pulmonary complications and mortality after
esophagectomy for cancer. Ann Surg 2004;75:791–800.
5). Kinugasa S, Tachibana M, Yoshimura H, Ueda S, Fujii T, Dhar DK, Nakamoto T, Nagasue N. Postoperative pulmonary complications
are associated with worse short- and long-term outcomes after extended esophagectomy. J Surg Oncol 2004;88:71–7.
6). Bailey SH, Bull DA, Harpole DH, Rentz JJ, Neumayer LA, Pappas TN, Daley J, Henderson WG, Krasnicka B, Khuri SF. Outcomes
after esophagectomy: a ten-year prospective cohort. Ann Thorac Surg 2003;75:217–22.
7). Tsubosa Y, Sato H, Tachimori Y et al. Multi-institution retrospective study of the onset frequency of postoperative pneumonia in
thoracic esophageal cancer patients. Esophagus 2014; 11: 126-135.
8). Kinugasa S et al. J Surg Oncol. 2004; 88(2):71-77.