ホーム > お役立ち情報 > がん治療と口腔ケア > 「ここまで進んだ『がんの医科歯科連携』とこれからの課題」(2)

「ここまで進んだ『がんの医科歯科連携』とこれからの課題」(2)

支持療法として効果的な口腔ケアのタイミング

次に、歯科支持療法を開始するタイミングについてお伝えします。以前は、がん治療中に口腔トラブルが起こってから歯科介入することが一般的でした。しかし、がん治療中は一時的に患者の全身状態が低下している場合も多く、行える歯科治療に制限がかかり対応が後手に回るなど、十分な治療ができないことも少なくありませんでした。この状況をふまえて、静岡県立静岡がんセンター(以下、当院)では2002年の開院当初から、がん治療開始前からの口腔ケアを推奨してきました。好中球が1000/μL以下になるような抗がん剤治療、頭頸部領域の放射線治療、そして頭頸がん・食道がん手術などの口腔トラブルリスクの高いがん治療を行う患者を中心に、がんと診断されてから初回の治療が始まるまでの間、つまり口腔トラブル発生前から歯科支持療法を導入しています。がん治療前の全身状態が保たれている状態では、しっかりとした歯科治療が実施可能であり、口腔トラブルの発症を回避できれば、医療経済的な効果も大きく、さらに患者の身体的・精神的苦痛の軽減とQOLの向上が期待できます。

もちろん我々が関与するのは、治療前の歯科支持療法だけではありません。がん治療中の口腔内環境の健常状態維持、がん治療後に発症した口腔有害事象・口腔トラブルへの対応、さらに終末期の対応など、治療前・中・後のどの段階でも歯科支持療法は重要です。むし歯や歯周病といった歯性感染症や義歯の不具合などの歯科特有のトラブルは歯科医師、歯科衛生士でなければ対応ができません。がん治療前から最後の看取りまでどの段階でも歯科支持療法を行い、口腔合併症の予防と軽減に努めること、これががん治療時に歯科が担う大きな役割だと考えます(図2)。当院では各診療科の医師や看護師にがん治療時の口腔ケアの重要性が認知されており、積極的な歯科介入が期待されています。

図2:静岡がんセンター 歯科の役割

地域の歯科医院との連携

時代とともにがん治療は変化しており、がん治療のための入院期間は短縮され、外来通院治療が増加してきました。また新しい治療法が開発・導入され、治療効果が高まると同時に口腔内合併症の発症も増えてきています。口腔トラブルが増えているのに患者の入院期間が短い、このような状況で頼りになるのが地域のかかりつけ歯科医院の存在です。当院では2006年から静岡県歯科医師会の協力のもとがん患者の歯科医療連携制度を整えて当院に近接する地域の歯科医院との連携を進めました。2010年にはこの連携を静岡県東部から県全域へと拡大しました。現在、連携登録医数は608名(2014年12月時点)、静岡県歯科医師会1,720名の3割以上の先生方に連携登録医となっていただき、良好な関係を築いています(図3)。さらに、国立がん研究センターと日本歯科医師会の力を借りて、この地域歯科医院との連携体制を全国に広げる取り組みを開始し、 2012年からは厚生労働省委託事業「がん診療医科歯科連携事業」となり、事業の全国展開が進んでいます。

がん治療に伴う口腔合併症予防のためのケアには、歯周病やう歯、義歯管理や口腔衛生指導などがありますが、これらはすべて一般歯科医院の日常診療の延長線上の処置であり、特別な診療体制を必要としません。また、口腔合併症が発症しても患者だけでは対処法がわからず、治療が後手に回ってしまうこともよくあります。一方で、歯科医院で診察を受け「お口の状態が良くないので一度病院を受診したほうが良い」と患者がアドバイスを受けた結果、口腔合併症の早期発見・治療につながった例も数多く経験しており、地域の先生方との連携体制構築には大きな意義があると感じています。

図3:静岡がんセンター連携登録医数