ホーム > お役立ち情報 > がん治療と口腔ケア

がん治療と口腔ケア

サンスターは2006年5月から、静岡県立静岡がんセンター、静岡県歯科医師会と共同で、「がん治療における口腔合併症の予防、軽減するための共同研究」をおこなっています。がん治療の分野で注目される口腔ケアについて、その最新情報をご紹介します。

がん医療現場における医科歯科連携“最新情報”

がん治療は、外科手術、内視鏡的治療、放射線治療などの「局所療法」と化学療法などの「全身療法」に分けられます。いずれの療法をとっても、患者のお口の状態が、その後の予後に大きく影響し、口腔トラブルがQOL(生活の質)を低下させるだけでなく、治療を中断せざるを得なくなる、時には生命の危機にも関わることがあります。 今回は、「がん医療現場における医科歯科連携“最新情報”」と題して、がん治療における口腔ケアの重要性と今後の課題、有効な口腔ケア介入のために求められる医科歯科連携の現状と課題について、静岡県立静岡がんセンター口腔外科部長の百合草健圭志氏と同センター食道外科部長の坪佐恭宏氏に解説いただきます。

・「ここまで進んだ『がんの医科歯科連携』とこれからの課題」

静岡県立静岡がんセンター 歯科口腔外科 部長 百合草 健圭志 氏

・「がん治療を支える歯科の介入~食道がん手術の周術期における口腔ケアの重要性~」

静岡県立静岡がんセンター 食道外科 部長 坪佐 恭宏 氏

・「周術期口腔機能管理と口腔細菌の関係」 

サンスター株式会社 静岡研究所 所長 江口 徹 氏

バックナンバー

vol.1 がん治療と口腔ケア