ホーム > お問い合わせ > 製品Q&A > 衣料用洗剤

衣料用洗剤

取扱い絵表示とは?

洋服の裏のラベルに表示されている絵のマークのことです。取扱い絵表示はその衣類に合ったお手入れ方法を案内しています。
ドライアップで初めてお洗濯する衣類は、この取り扱い絵表示と素材を必ずチェックしましょう。

衣料の取扱い絵表示にはどんなものがありますか?

洗い方

液温は、60℃を限度とし、洗濯機による洗濯ができる。 液温は、40℃を限度とし、洗濯機による洗濯ができる。
液温は、40℃を限度とし、洗濯機の弱水流又は弱い手洗いがよい。 液温は、30℃を限度とし、洗濯機の弱水流又は弱い手洗いがよい。
液温は、30℃を限度とし、弱い手洗いがよい。(洗濯機は使用できない) 水洗いはできない。
  • 弱い手洗いには、振り洗い、押し洗い及びつかみ洗いがある。

ドライクリーニング

ドライクリーニングができる。溶剤は、パークロロエチレン又は石油系のものを使用する。 ドライクリーニングができる。溶剤は、石油系のものを使用する。
ドライクリーニングはできない。    

絞り方

手絞りの場合は弱く、遠心脱水の場合は、短時間で絞るのがよい。 絞ってはいけない。

塩素漂白の可否

塩素系漂白剤による漂白ができる。 塩素系漂白剤による漂白はできない。

アイロンの掛け方

アイロンは210℃を限度とし、高い温度(180~210℃まで)で掛けるのがよい。 アイロンは160℃を限度とし、中程度の温度(140~160℃まで)で掛けるのがよい。
アイロンは120℃を限度とし、低い温度(80~120℃まで)で掛けるのがよい。 アイロン掛けはできない。
  • アイロンの掛け方において、あて布を表すの記号を付記する場合は、記号の下に付記する

干し方

つり干しがよい。 日陰のつり干しがよい。
平干しがよい。 日陰の平干しがよい。

ドライアップの使い方を教えてください。

お洗濯マニュアルをよくお読みになってからご使用ください。

ドライクリーニングとドライアップでの洗濯はどう違うの?

ドライクリーニングとは石油系、塩素系などの溶剤を使用して洗う方法です。ドライアップは溶剤ではなく水を使用して洗濯を行います。
また、ドライマークは「ドライクリーニングができます」という意味で、必ずドライクリーニングに出さなくてはいけないという意味ではありません。

ドライアップで漂白剤や柔軟剤を使ってもいいですか?

  • 漂白剤(一般衣料用)は使用しないでください。
  • 柔軟剤は配合されていますが、追加でご使用することも可能です。
    (最後のつけ込みすすぎ時にご使用ください)

ドライアップはお湯やお風呂の残り湯で洗えますか?

必ず、30℃以下の水で洗ってください。洗濯時とすすぎ時の温度差や、ウールなどの天然繊維はお湯につけると繊維が膨張しやすく、縮みや型崩れの原因となります。お風呂の残り湯は水温が高い場合があり、再汚染のおそれもありますのでおすすめしません。

ドライアップはドラム式洗濯機で使えますか?

使えます。必ず「ドライコース」等のデリケートな衣類が洗えるコースを選択し、洗濯機の説明書をよくお読みになってからご使用ください。