ホーム > お問い合わせ > 製品Q&A > 衣料用洗剤

衣料用洗剤

取扱い表示とは?

洋服の裏のラベルに表示されている絵のマークのことです。
2016年12月から、取扱い表示が改訂されISO(国際規格)の記号に変更されました。
ドライアップで初めてお洗濯する衣類は、この取扱い表示と素材を必ずチェックしましょう。

 
旧表示   新表示

 

衣料の取扱い表示にはどんなものがありますか?

これまで日本の取扱い表示はJIS(日本工業規格)に基づき独自の記号類が用いられてきましたが、 2016年12月から改訂しISO(国際規格)の記号に変更されました。

新しい取扱い表⽰のポイント

5つの基本記号に、強さや温度などを表す付加記号や数字を組み合わせたものです。




洗濯する前にチェックしましょう

新しくなった⾐類の取扱い表⽰記号の例
※記号は「取扱い⽅の上限」を表します。上限を超えて⾐類にダメージを与えないようにしましょう。

家庭での洗濯

液温は40℃を限度とし、洗濯機で洗濯ができる。 液温は40℃を限度とし、手洗いができる。
液温は40℃を限度とし、洗濯機で弱い洗濯ができる。 家庭での洗濯はできません。
液温は40℃を限度とし、洗濯機で非常に弱い洗濯ができる。    

ドライクリーニング ※クリーニング店での洗い方です

パークロロエチレン及び石油系溶剤によるドライクリーニングができる。 ウェットクリーニングができる。
石油系溶剤によるドライクリーニングができる。 ウェットクリーニング禁止。
ドライクリーニングはできない。    
  • ウェットクリーニング…クリーニング店が行う特殊な水洗い

漂白の処理

塩素系及び酸素系の漂白剤を使用して漂白ができる。 塩素系及び酸素系漂白剤の使用禁止。
塩素系及び漂白剤の使用はできるが、塩素系漂白剤は使用禁止。    

アイロン仕上げ

底面温度200℃(高温)を限度としてアイロンがけができる。 底面温度110℃(低温)を限度としてアイロンがけができる。
底面温度150℃(中温)を限度としてアイロンがけができる。 アイロンはかけられません。

乾燥<自然乾燥>

つり干しがよい。 ぬれ平干しがよい。
ぬれつり干しがよい。 日陰のつり干しがよい。
平干しがよい。 日陰の平ほしがよい。
  • ぬれ干し…洗濯機による脱水や、手でねじり絞りをしないで干すこと

乾燥<タンブル乾燥>

タンブル乾燥ができる。
(排気温度上限80℃)
タンブル乾燥禁止。
低い温度でのタンブル乾燥ができる。
(排気温度上限60℃)
   
  • タンブル乾燥…洗濯乾燥機などで衣類を回転させながら熱風乾燥する方法

ISO(国際規格)の記号に統⼀し世界共通で使⽤できるようにしたため、記号内に⽇本語は記載できません。
そのため記号だけでは伝えられない表⽰者などからの参考情報は、簡単な⾔葉で記号の近くに記載される場合があります ( 例:「洗濯ネット使⽤」「裏返しにして洗う」「あて布使⽤」など)ので、よく読んで、⾐類の取り扱いの参考にしましょう。 詳しくは消費者庁のホームペ ージをご参照ください。

ドライアップの使い方を教えてください。

お洗濯マニュアルをよくお読みになってからご使用ください。

ドライクリーニングとドライアップでの洗濯はどう違うの?

ドライクリーニングとは石油系、塩素系などの溶剤を使用して洗う方法です。ドライアップは溶剤ではなく水を使用して洗濯を行います。
また、今までのドライクリーニングマーク及び新しいドライクリーニングは「ドライクリーニングができます」という意味で、必ずドライクリーニングに出さなくてはいけないという意味ではありません。

ドライアップで漂白剤や柔軟剤を使ってもいいですか?

漂白剤(粉末及び塩素系)は使用しないでください。
また、ドライアップに柔軟剤は配合されていますが、最後のつけ込みすすぎの時に追加でご使用することも可能です。

ドライアップはお湯やお風呂の残り湯で洗えますか?

必ず、30℃以下の水で洗ってください。洗濯時とすすぎ時の温度差や、ウールなどの天然繊維はお湯につけると繊維が膨張しやすく、縮みや型崩れの原因となります。お風呂の残り湯は水温が高い場合があり、再汚染のおそれもありますのでおすすめしません。

ドライアップはドラム式洗濯機で使えますか?

使えます。必ず「ドライコース」等のデリケートな衣類が洗えるコースを選択し、洗濯機の説明書をよく読んでからご使用ください。
ドライアップのドラム式での洗剤使用料の目安は、洗濯物1.5Kg に対し、30ml です。