ホーム > お問い合わせ > 製品Q&A > オーラルケア製品 電動ハブラシ

オーラルケア製品 電動ハブラシ

電動ハブラシの替ブラシの種類を教えてください

お問い合わせを多くいただく本体と替ブラシをご紹介いたします。

現在販売中のシリーズ~

ガム・音波振動アシストタイプ

本体型番:GS-01

商品画像

下向き矢印適合替ブラシ

先細毛タイプ
型番 :#11x
ふつう

商品画像

パッケージ下部
型番記載イメージ
パッケージ下部拡大画像


超先細毛タイプ
型番 :#13x
やわらかい

商品画像

パッケージ下部
型番記載イメージ
パッケージ下部拡大画像


先端3本毛タイプ
型番 :#15x
極やわらかい

商品画像

パッケージ下部
型番記載イメージ
パッケージ下部拡大画像


大きめヘッド
型番 :#95x
極やわらかい

商品画像

パッケージ下部
型番記載イメージ
パッケージ下部拡大画像


※本体型番TS-45の替ブラシ#477・#377はご使用になれません

製品詳細はこちら


ガム・電動ハブラシ スタンダードタイプ

本体型番:TS-45

商品画像

下向き矢印適合替ブラシ

高速反転タイプ
型番 :#477
ふつう

商品画像

パッケージ上部
型番記載イメージ
パッケージ上部拡大画像


スクラブタイプ
型番 :#377
やわらかめ

商品画像

パッケージ上部
型番記載イメージ
パッケージ上部拡大画像


※本体型番GS-01の替ブラシ#11x・#13x・#15x・#95xはご使用になれません

製品詳細はこちら



終売になったシリーズ~

ガム・電動ハブラシ 音波振動タイプ 終了品

本体型番:TS-X1
 TS-X5
 TZ-35
 TZ-55
商品画像

下向き矢印適合替ブラシ

型番 :#508X(ふつう)

販売を終了しておりますが、弊社ホームページから継続販売をしておりますのでご利用ください。

商品画像


オーラツーステインクリア アシストブラシ 終了品

本体型番:SC-V1

商品画像

下向き矢印適合替ブラシ

型番 :REP1(ふつう)

販売を終了しておりますが、弊社ホームページから継続販売をしておりますのでご利用ください。

商品画像


ガム・電動ハブラシ スタンダードタイプ 終了品

本番型番:TZ-25/TS-40
 TT-23/TT-53

下向き矢印適合替ブラシ

高速反転タイプ
型番 :#477
ふつう

商品画像

パッケージ上部
型番記載イメージ
パッケージ上部拡大画像


スクラブタイプ
型番 :#377
やわらかめ

商品画像

パッケージ上部
型番記載イメージ
パッケージ上部拡大画像



ご不明点がございましたら、サンスターお客様相談室までお問い合わせください。

電動ハブラシでみがくとき、手でハブラシを動かしますか?

ご使用の電動ハブラシ本体の取扱説明書にしたがってください。

ガム・音波振動アシストブラシGS-01については…
いつもの歯みがきのときと同じように、ハブラシを手で動かして歯を磨きます。

  • 注意微振動タイプですので、ハブラシを歯に当てるだけでは十分に歯垢を除去できません。
    必ずハブラシを手で動かしてご使用ください。

ガム・電動ハブラシ TS-45については…
ふつうのハブラシで手を振動させるようにヘッドが往復運動しますので、ハブラシを手で動かす必要はありません。軽く歯に当ててスライドさせていきます。

  • 注意歯やハグキへ強く押し当てないでください。
    毛が広がって刷掃効果が落ちるうえ、歯やハグキを傷める原因にもなります。

電動ハブラシにハミガキを使用してもいいですか?

ご使用の電動ハブラシ本体の取扱説明書にしたがってください。

ガム・音波振動アシストGS-01については・・・

微振動タイプですので、取扱説明書の記載方法に従って正しくブラッシングいただければ、ハミガキをご使用いただいて差し支えありません。

 

ガム・電動ハブラシTS-45については・・・

取扱説明書の記載方法に従って正しくブラッシングいただければ、通常のハミガキをご使用いただいても差し支えありません。ただし清掃剤(研磨剤)が多く含まれているハミガキ(ヤニ取り用等)との併用は、歯やハグキを傷める原因になるのでおすすめできません。

ガム・電動ハブラシTS-45の替ブラシ取り付け・取り外し方法は?

ガム・電動ハブラシTS-45には次の2種類の替ブラシがご利用いただけます。

高速反転タイプ #477

<取り付け方>
①ハブラシ部下方のマーク(A)を軸カバーのマーク(B)に合わせて
溝に押しこみます。②ハブラシを時計回りに回してマーク(C)の位置に合わせます。

取り付け方

使用する前にハブラシのマークが直線的に揃っており、確実に取り付けられているかご確認ください。


<取り外し方>

取り付けと逆の手順をおこなってください。

取り外し方

直線的に揃っていたマーク(A)を軸カバーのマーク(B)まで回してから抜きます。


<ご注意>

ご注意

カラー部品はハブラシ部から取り外せません。



スクラブタイプ #377

<取り付け方>
図のようにハブラシ毛先とスイッチが1列に揃うように差し込みます。

取り付け方

<取り外し方>
ハブラシ部をまっすぐ抜きます。


  • その他、ガム・電動ハブラシTS-45取扱説明書はこちらからご覧いただけますので
    ご参照ください。