ホーム > 環境・社会活動 > 社会貢献活動 > 書家の好きな書 > Interview vol.5 荒井青荘先生

Interview vol.5 荒井青荘先生

荒井青荘先生プロフィール

1930年 東京大田区生まれ。
2003年 ジェトロニクス国際賞受賞。
師は、岡田光荘、森田竹華。

現職
日本書道美術院顧問、毎日書道展審査会員、かな作家協会常任理事、光荘会会長。

荒井青荘先生の作品

1.「一つ松幾世か経ぬる吹く風の聲の清きは年深みかも」(市原王、39×28cm)

2.「春の苑紅にほふ桃の花下照る道に出で立つをとめ」(大伴家持、136×139cm)