ホーム > 環境・社会活動 > 環境関連コスト

環境関連コスト

サンスターグループでは、環境省「環境会計ガイドライン」(2005年度版)に準拠し、環境保全活動のかかる費用とその効果について集計しています。

2015年度 項目別環境関連コスト

集計範囲 (高槻工場、徳島工場、山梨工場、滋賀工場)
対象期間 (2015年1月1日~2015年12月31日)

項目 内容 費用(百万円)
合計 235.2
1. 公害防止コスト 排水処理
振動・騒音防止など
65.6
2. 地球環境保全コスト 省エネルギー機器の導入
フロンガスの適正処理
31.3
3. 資源循環コスト 産廃のリサイクル推進
一般廃棄物の分別処理など
50.7
4. 上・下流コスト 製品の回収リサイクル
外注先への指導など
60.1
5. 管理活動コスト 環境マネジメントシステムの運用維持
従業員への環境教育
21.6
6. 研究開発コスト 省エネ商品開発
鉛フリー製品化など
5.3
7. 社会活動コスト 事業所周辺の美化植樹など 0.6

2015度 環境会計(高槻工場・ 徳島工場)

集計範囲(徳島工場、高槻工場)
対象期間(2015年1月1日~2015年12月31日)

環境保全コスト(事業活動に応じた分類)

(百万円)
分類 主な取組み 投資額 費用額
合計 9.7 75.9
  公害防止コスト 排水処理設備維持
コンプレッサー・チラー・ボイラー・成形機の維持
4.5 59.0
地球環境保全コスト 空調機器、照明機器省エネタイプへの更新
電気設備、空調設備保全維持管理
5.2 25.7
資源循環コスト 廃棄物処理費用(サーマル、マテリアルサイクル) 31.6
(1) 事業エリア内コスト 小計 9.7 116.3
(2) 上・下流コスト 容器包装の再資源化委託料
グリーン事務用品購入
59.6
(3) 管理活動コスト 環境マネジメントシステム構築、維持
樹木管理維持
15.9
(4) 研究開発コスト  
(5) 社会活動コスト 工場周辺の環境美化活動 0.4
(6) 環境損傷対応コスト  

環境保全効果

分類 環境パフォーマンス指標(単位) 前期
(2014年度)
(基準期間)
当期
(2015年度)
規準期間との差
(環境保全効果)
投入資源に対する効果 特定の管理対象物質投入量(t) 25.48 26.62 1.14
水資源投入量(m3) 100,310 96,191 -4,119
排出する環境負荷及び廃棄物に対する効果 温室効果ガス排出量(t-CO2) 9,222 9,345 123
特定の化学物質排出・移動量(t) 0.23 0.21 -0.02
廃棄物等総排出量(t) 1,134 1,136 3
総排水量(m3) 69,577 62,357 -7,220
  • CO2換算係数の増加により温室効果ガス排出量(t-CO2)増加

環境保全対策に伴う経済効果(実質的効果)

効果の内容 金額(百万円)
収益 主たる事業活動で生じた廃棄物のリサイクル又は使用済み製品等のリサイクルによる事業収支 0.8
費用節減 省資源又はリサイクルに伴う廃棄物処理費用の節減(前年比) 12.2