ホーム > 環境・社会活動 > 部門ごとの取り組み > 事業所 > 営業における具体的な取り組み.5 福岡オフィス

営業における具体的な取り組み.5 福岡オフィス

九州・沖縄における営業活動のすべてを見直した環境活動 ペーパーレス化を徹底。事務用紙使用量削減に取り組んでいます。サンスター株式会社 営業本部 リテール九州支店 支店長 黒田 洋典

福岡オフィスは、サンスターとサンスター技研の営業拠点として、九州全域と沖縄を含む地域を受け持っています。私たちがKES※活動をきっかけとした 環境への取り組みで最も成果を上げているのは、事務用紙の使用量削減です。KESの取得に向けて本格的に活動を開始したのは2008年の12月ですが、 それ以前からペーパーレスの取り組みは職務分掌活動の一環として実践していました。もっとも効果が大きかったのは、支店の全体会議等で資料を一切配布しないようにしたことですね。

それまでは毎回 20~30 枚の書類を 20 数名分用意していたのですが、一人ひとりがノートパソコンを持ち込んで共通フォルダを閲覧するようにしたのです。そうすることによって、環境への効果はもちろん、準備の時間やコピー用紙のコストも大幅に削減すること出来ました。これらの効果で2013年度は、事務用紙の使用量を前年比で35%削減することが出来ました。2014年度も引き続き目標を達成しております。今後も新たな施策を検討し、改善に向けた取組みを進めていきたいと思います。

  • ※KES:京都発で全国に広まった環境マネジメントシステム規格
    NPO法人KES環境機構が審査・登録

写真:環境マニュアルのモニター
環境活動の詳細な内容を記した手順書もデジタル化。プリントアウトせず、モニターで確認できるようにしている。

環境宣言

基本理念

サンスターグループは、「常に人々の健康と生活文化の向上に奉仕する」ことを基本理念としています。この基本理念に基づき全ての事業活動において 地球環境との調和と共生に配慮し、持続発展可能な社会の実現に貢献します。

環境スローガン

「みんなが考え、みんなが創る、みどりの地球」

環境方針

サンスター福岡オフィスは、販売に係わる全ての活動、製品及びサービスが及ぼす 環境影響を低減するために、次の方針に基づき環境マネジメント活動を推進して地球 環境との調和を目指します。

  1. 当事業所が行う全ての活動、製品及びサービスに係わる環境影響を常に認識し、環境汚染の予防及び環境保護を推進するとともに、環境マネジメント活動の継続的改善を図ります。
    なお、環境保護には、持続可能な資源の利用、気候変動に緩和及び気候変動への対応、 並びに生物多様性及び生態系の保護などを含みます。
  2. 当事業所が行う全ての活動、製品及びサービスに係わる環境関連の法的及びその他の要求事項を順守します。
  3. 当事業所が行う全ての活動、製品及びサービスに係わる資源・エネルギー・廃棄物などの環境影響項目のうち、以下の項目を環境管理重点テーマとして取り組みます。
    1. (1)電力使用量の削減
    2. (2)車両燃費の向上
    3. (3)事務用紙使用量の削減
    4. (4)一般廃棄物排出量の削減
    5. (5)事業所周辺の清掃等啓発活動
  4. 一人ひとりが環境負荷低減活動を積極的に実践できるように、この環境宣言を全従業員に周知するとともに一般の人々が入手できるようにします。

上記の方針達成のために、目標を設定し、定期的(年1回、原則3回)に見直し、環境マネジメントシステムを推進します。

制定日2008年12月1日
改定日2016年7月1日

サンスター福岡オフィス
環境統括管理者
黒田 洋典

2016年度活動実績

活動項目 目標 実績 目標達成率
電力使用量の削減 前年比 4%削減 36.5Mwh 34.8Mwh 105%
車両燃費の向上 前年比 2%向上 17.0km/L 20.7km/L 122%
事務用紙使用量の削減 前年比 2%削減 130千枚 150千枚 86.7%
可燃ゴミ排出量の削減 前年比 2%削減 1,058Kg 870 Kg 122%
オフィス周辺の清掃 年間 2回の実施 2回実施 100%