ホーム > 環境・社会活動 > 部門ごとの取り組み > 事業所 > 営業における具体的な取り組み.4 広島・高松オフィス

営業における具体的な取り組み.4 広島オフィス

中国・四国地方の自然を守るオフィスの取り組み チーム力の結集で環境活動を推進。目標は、地域における環境活動の推進役となること。サンスター株式会社 営業本部 リテール中国支店 支店長 森 智樹

広島を中心とした中国地方と四国全域をカバーしているのが、広島オフィス。サンスターとサンスター技研の営業拠点として展開しています。担当エリアは広範囲にわたりますが、自然環境に恵まれた地域でもあるため、メンバーの環境意識も高く、2008年12月からのKES※の 取得に向けた活動はスムーズに進めることができました。

活動の柱として掲げたのは、電力使用量の削減、営業車の燃費向上、事務用紙の削減、一般廃棄物の削減、そして地域の定期的な清掃活動の5つの項目です。活動の成果を1カ月ごとに数値で管理、掲示するようにしたことで、何を強化すべきかが目で見てわかり、実際の活動へとフィードバックできたことが、 活動に弾みがついた大きな要因だと思います。さらに、環境活動の方針や目標などを書いた「環境宣言・環境改善計画カード」を独自に作成してスタッフ全員に 配布したのもうちならではの試みでしょう。パソコン周辺に置いたり手帳に挟んだりと、常に目の届くところに携帯し、環境への意識を失わないように心がけました。
私たちのオフィスがある広島県は、世界遺産が二つもある地域。それだけに一人ひとりが環境活動の重要性を強く認識しています。将来的には現在の活動をさらに進め、 環境活動を牽引するオフィスとして地域の企業や住民から認知してもらえるようになりたい。それが今後の大きな目標です。

  • ※KES:京都発で全国に広まった環境マネジメントシステム規格
    NPO法人KES環境機構が審査・登録

写真:環境改善計画カード
キャプション:一人ひとりが環境への意識を高められるよう、「環境改善計画カード」を作成。

環境宣言

環境理念

サンスターグループは、「常に人々の健康の増進と生活文化の向上に奉仕する」ことを基本理念としています。
この基本理念に基づき全ての事業活動において地球環境との調和と共生に配慮し、持続的発展可能な社会の実現に貢献します。

環境スローガン

「みんなが考え、みんなが創る、みどりの地球」

環境方針

サンスター広島オフィスは、販売に係わる全ての活動、製品及びサービスが及ぼす 環境影響を改善するために、次の方針に基づき環境マネジメント活動を推進して地球 環境との調和を目指します。

  1. 当事業所が行う全ての活動、製品及びサービスに係わる環境影響を常に認識し、環境汚染の予防及び環境保護を推進するとともに、環境マネジメント活動の継続的改善を図ります。
    なお、環境保護には、持続可能な資源の利用、気候変動に緩和及び気候変動への対応、並びに生物多様性及び生態系の保護などを含みます。
  2. 当事業所が行う全ての活動、製品及びサービスに係わる環境関連の法的及びその他の要求事項を順守します。
  3. 当事業所が行う全ての活動、製品及びサービスに係わる資源・エネルギー・廃棄物などの環境影響項目のうち、以下の項目を環境管理重点テーマとして取り組みます。
    1. (1)電力使用量の削減
    2. (2)車両燃費の向上
    3. (3)事務用紙使用量の削減
    4. (4)一般廃棄物排出量の削減
    5. (5)事業所周辺の清掃等啓発活動及び緑化活動
  4. 一人ひとりが環境負荷低減活動を積極的に実践できるように、この環境宣言を全従業員に周知するとともに一般の人々が入手できるようにします。
  5. 地域の環境改善活動に積極的に参画します。

上記の方針達成のために、環境改善目標を設定し、定期的(年1回、原則3月)に見直し、環境マネジメント活動を推進します。

制定日2008年12月1日
改定日2015年4月1日

サンスター広島オフィス
環境統括管理者
森 智樹

2016年度活動実績

活動項目 目標 実績 目標達成率
電力使用量の削減 前年比 1% 削減 32.3Mwh 31.7Mwh 102%
車両燃費の向上 前年比 1% 向上 15.1km/L 14.3Km/L 95%
事務用紙使用量の削減 前年比 1% 削減 94.5千枚 74.0千枚 128%
一般廃棄物排出量の削減 前年比 1% 削減 651.0Kg 737.0Kg 88%
オフィス周辺の清掃 年間 12回の実施 12回実施 100%