ホーム > 環境・社会活動 > 部門ごとの取り組み > 事業所 > 営業における具体的な取り組み.2 名古屋オフィス

営業における具体的な取り組み.2 名古屋オフィス

東海地域におけるサンスターとサンスター技研の営業拠点 社員一人一人の環境意識を高め、継続した環境負荷低減活動を推進してまいります。サンスター株式会社 リテール営業部 中部支店 支店長 川井 充

名古屋オフィスでは、中部地方におけるサンスターとサンスター技研の拠点です。
サンスターではハミガキ・ハブラシなどの販売、サンスター技研では自動車や建材の接着剤・シーリング材などの販売を担当しております。
2016年度は、電力使用量削減、営業車の燃費向上、事務用紙使用量の削減、一般廃棄物の削減、月に一度のオフィス周辺の清掃などを 取り組みテーマとして、環境に対する活動を実施してまいりました。
電力使用量を掲示、共有しながら節電に取り組んでいきます。燃費削減についてはエコ運転安全運転を心掛けました。事務用紙使用量についても、 社内資料のペーパーレス・両面分割印刷・裏紙使用等を推進し、削減目標を達成できました。廃棄物については分別を徹底し 月に一度のオフィス周辺の清掃につきましては近隣に範囲を広げて清掃活動を行っていきます。
今年度も引き続き、社員一人一人の環境意識を高め、電力使用量の削減、営業車の燃費向上、事務用紙使用量の削減、一般廃棄物の削減、 オフィス周辺の清掃活動を取り組みテーマとして活動します。

  • ※KES:京都発で全国に広まった環境マネジメントシステム規格
    NPO法人KES環境機構が審査・登録

環境宣言

環境理念

サンスターグループは、「常に人々の健康の増進と生活文化の向上に奉仕する」ことを 基本理念としています。この基本理念に基づき全ての事業活動において地球環境との 調和と共生に配慮し、持続発展可能な社会の実現に貢献します。

環境スローガン

「みんなが考え、みんなが創る、みどりの地球」

環境方針

サンスター名古屋・北陸オフィスは、販売に係わる全ての活動製品及びサービスが及ぼす環境影響を低減するために、次の方針に基づき環境マネジメント活動を推進して地球環境との調和を目指します。

  1. 当事業所が行う全ての活動、製品及びサービスに係わる環境影響を常に認識し、 環境汚染の予防を推進するとともに、環境マネジメント活動の継続的改善を図ります。
    なお、環境保護には、持続可能な資源の利用、気候変動に緩和及び気候変動への対応、並びに生物多様性及び生態系の保護などを含みます。
  2. 当事業所が行う全ての活動、製品及びサービスに係わる環境関連の法的及び その他の要求事項を順守します。
  3. 当事業所が行う全ての活動、製品及びサービスに係わる資源・エネルギー・廃棄物などの環境影響項目のうち、以下の項目を環境管理重点テーマとして取り組みます。
    1. (1)電力使用量の削減
    2. (2)車両燃費の向上
    3. (3)事務用紙使用量の削減
    4. (4)一般廃棄物排出量の削減
    5. (5)事業所周辺の清掃等啓発活動
  4. 一人ひとりが環境負荷低減活動を積極的に実践できるように、この環境宣言を全従業員に周知するとともに一般の人々が入手できるようにします。

上記の方針達成のために、目標を設定し、定期的に見直し、環境マネジメントシステムを推進します。

制定日2007年8月31日
改訂日2015年12月1日

サンスター名古屋・北陸オフィス
環境統括管理者
高谷 洋介

2015年度活動実績

活動項目 目標 実績 目標達成率
電力使用量の削減 2014年度比 4% 削減 87.7 Mwh 90.5 Mwh 97%
車両燃費の向上 2014年度比 2% 13.3km/L 13.6km/L 103%
事務用紙使用量の削減 2014年度比 2% 削減 228千枚 206千枚 111%
一般廃棄物排出量の削減 2014年度比 2% 削減 801kg 717kg 112%
オフィス周辺の清掃 年間 12回の実施 12 回/年間 100%