ホーム > 環境・社会活動 > 部門ごとの取り組み > 事業所 > 営業における具体的な取り組み.1 明田事業所

営業における具体的な取り組み.1 茨木・川西事業所

茨木・川西事業所の2拠点で構成される環境活動。つねに環境活動を見直し、改善していくために一人ひとりが環境への意識を高め、実践しています。STARLECS株式会社 取締役 荒木 協和

2012年7月より、茨木・川西の2事業所に移転となり、主に3つの部門を抱える事業所となっております。茨木事業所では、コールセンターと企画を運営するダイレクト営業とプロフェッショナル営業で構成される営業部門。川西事業所では、サンスターのリテール営業と医科歯科営業の営業部門及びサンスター技研の自動車向け接着剤と建築・建材用シーリング剤の営業部門。また、それらを支えるカスタマーサービスセンターや物流企画などのSCM(サプライチェーンマネジメント)部門で構成されています。

2016年度は、活動項目5項目中4つの項目を達成いたしました。KES活動もようやく社内に浸透し、環境負荷削減への配慮が進展したことが要因です。また、2事業所(共に新しい建物の事業所)での省エネタイプのエアコン、建物の気密性の良さが、電力使用量を大幅に削減(約20%削減)する良い結果も得られました。新しい事業所でのKES活動を継続して実施し、各事業所周辺の企業、住民の方々から認知して頂けることを目標に進めてまいります。

今、地球環境は、温暖化による異常気象などに見られるよう確実に悪化しています。そうした中で少しでも地球環境に貢献できるよう、今期は生物多様性の一環として植花活動も実施し、サンスターグループにおける環境活動先進事業所として活動を継続して推進していきます。

環境宣言

サンスター 茨木・川西事業所

基本理念

サンスター茨木・川西事業所は、「常に人々の健康の増進と生活文化の向上に奉仕する」ことを基本理念とします。
この理念に基づき全ての事業活動において地球環境の調和と共生に配慮し、持続的発展可能な社会の実現に貢献します。

環境スローガン

「みんなが考え、みんなが創る、みどりの地球」

環境方針

サンスター茨木・川西事業所は、歯磨・洗口液等日雑用品、建築・自転車向け接着剤販売、 シェアードサービスに係わる全ての活動、製品及びサービスが及ぼす環境影響を低減するために、 次の方針に基づき環境マネジメント活動を推進して環境活動との調和を目指します。

  1. 当社の事業所の活動、製品及びサービスに係わる環境影響を常に認識し、環境汚染の予防及び環境保護を推進するとともに、 環境マネジメント活動の継続的改善を図ります。
    なお環境保護には持続可能な資源の活用気候変動に緩和及び気候変動への適応、並びに生物多様性及び生態系の保護などを含みます。
  2. 当事業所の活動、製品及びサービスに係わる環境関連の法的及びその他の要求事項を順守します。
  3. 当事業所の活動、製品及びサービスに係わる環境影響のうち、以下の項目を環境管理重点テーマとして取り組みます。
    1. (1)電力使用量の維持削減
    2. (2)一般可燃廃棄物排出量の維持削減
    3. (3)事務用紙使用量の維持削減
    4. (4)エコキャップ収集活動
    5. (5)オフィス周辺の清掃等啓発活動
  4. 一人ひとりが環境負荷低減活動を積極的に実践できるように、この環境宣言を全従業員に周知するとともに社外へも公表します。
  5. 地域の環境改善活動に積極的に参画します。

上記の方針達成のために、目標を設定し、定期的に見直し、環境マネジメントシステムを推進します。

制定日2007年6月30日
改定日2017年2月15日

サンスター茨木・川西事業所
環境統括管理者
荒木 協和

2016年度活動実績

活動項目 目標 実績 目標達成率
電力使用量の削減 前年維持 278.3 Mwh 272.9 Mwh 102 %
事務用紙使用量の削減 前年維持 799 千枚 820 千枚 96.2 %
可燃ゴミ排出量の削減 前年維持 3,130 Kg 1,795 Kg 174 %
オフィス周辺の清掃 年間 9回の実施 9 回実施 100 %
エコキャップ収集活動 エコキャップ収集活動の有無
7.9kg