ホーム > 環境・社会活動 > 部門ごとの取り組み > 開発 > バックナンバー

バックナンバー

大切なのは、使用価値と環境負荷低減の両立。
環境への影響をふまえた新しい商品が、ここから生まれています。

オーラルケア、ヘアケア、スキンケア商品や健康食品また自動車・建築用資材、二輪車用部品と、多彩に広がるサンスターグループの事業領域。どの事業部門においても、人々の暮らしに深く関わるモノとしての快適性と、サンスターとしての独自性の高い商品開発を行っています。もちろん、環境への配慮についても材料、工程、機能面などにおいて各部門で新たな試みを積極的に実践。使用価値と環境負荷の低減を両立させた、未来の定番となる新しい製品がここから誕生しています。

オーラルケア関連

  • シェルパック挟み込み式ブリスターパックの開発 プラスチックケースを紙の台紙で挟み込むことで、紙とプラスチックを分離し、リサイクル効率を向上させました。 サンスター株式会社 生産開発部パッケージグループ 小林 克哉
  • スタンディング歯磨・内装包装コンパクト化 スタンディング歯磨・内装包装のコンパクト化に伴い、従来品と比べて年間で樹脂使用量を約33トン削減、段ボール使用量を約45トン削減。 山脇新平
  • シェルパック挟み込み式ブリスターパックの開発 プラスチックケースを紙の台紙で挟み込むことで、紙とプラスチックを分離し、リサイクル効率を向上させました。 サンスター株式会社 生産開発部パッケージグループ 小林 克哉
  • ハミガキの集合包装簡素化 生産の合理化を追求した結果、集合包装の簡素化を実現する事ができました。 サンスター株式会社 高槻工場 品質管理グループ 真田 亮
  • 無平線ハブラシの開発 磨きやすさと環境配慮を両立。新技術によりブラシを支える金属「平線」のないハブラシを開発しました。 サンスター株式会社 オーラルケア事業ユニット  研究開発部 メカニカル商品グループ グループ長 櫻井 晋也
  • G・U・Mデンタルリンス ポリオキシエチレンアルキルエーテル代替化 人体にも環境にも安全で、効果が高い。つねにG・U・Mを進化させていくのが私たちの務めです。 サンスター株式会社 オーラルケア事業ユニット 研究開発部 部長 森 茂樹
  • ハブラシ包装材料の減量化 1本当たり従来に比べ約20%の減量化を実現。年間数十トンに相当する包装材料の削減、つまりはゴミの削減に役立ちます。 サンスター株式会社 技術部パッケージグループ 高槻チーム 鵜尾 一行

H&B関連

  • トニックの詰め替え用パッケージの減容化 パッケージを4層から3層に簡素化。年間8.5tのプラスチック使用量削減を実現しました。 サンスター株式会社 高槻工場 製造グループ 松岡 隆行
  • リノール酸製剤の開発 最小で最大の美白効果を。植物由来で資源効率の高い新美白システムに成功しました。 サンスター株式会社 ヘルス&ビューティー事業ユニット 研究開発部 部長 山本 和司

ケミカル関連

  • 環境にやさしい自動車内装用接着剤の開発 サンスター技研株式会社 ケミカル事業部 技術部産業資材G 張 雁妹 宇野 淳之
  • 環境対応型ウィンドウガラス用接着剤 サンスター技研株式会社 ケミカル事業部 技術部 産業資材G開発 研究員 村井 赳文 宮本 武治
  • 自動車用低VOCボデーシーラーの開発 「シックカー」を防ぐVOCボデーシーラーの開発に世界で始めて成功しました。 サンスター技研株式会社 自動車事業ユニット 研究開発部 塗装材料グループ プロダクトマネージャー 小林 敏雄
  • 環境性能で業界をリードする開発・生産体制を構築 サンスター技研株式会社 E&A事業ユニット 建材営業統括部 技術開発室 室長 村瀬 雅明
  • 環境負荷を低減するシーリング材の開発 企業の持続的発展のためにCSRを重視した 開発活動に従事し、他社に先駆けて開発に成功しました。 材料使用量低減、軽量化に貢献する製品開発 サンスター技研株式会社 住環境グループ開発チーム チーム長 伊藤 正比呂
  • 自動車内装用接着剤について 水性、無溶剤、低VOC型の商品ラインナップを拡充し、自動車部品メーカーのスタンダード接着剤として広く採用されています。 サンスター技研株式会社 自動車事業ユニット 研究開発部 内装材料グループ プロジェクトマネージャー 柴田 吉見
  • 機械発泡型不定形ガスケットの開発 空気を利用して、有害ガスと廃棄物を発生させない機械発泡型不定形ガスケットを開発しました。 サンスター技研株式会社 自動車事業ユニット 研究開発部 FIPGプロジェクト長 高田 正春
  • シーリング材・接着剤に使用するVOC削減 健康に貢献する、サンスターグループの理念を忠実に実践。業界をリードするVOC削減商品を製品化しました。 サンスター技研株式会社 自動車事業ユニット 研究開発部 研究企画グループ マネージャー 岡本 浩一
  • エコCAN、エコカート 使いやすく廃棄処理しやすい「エコCAN・エコカート」で、業界全体の環境への取り組みを押し進めたい。 サンスター技研株式会社 E&A事業ユニット 建材営業統括部 統括部長 和田 裕、サンスター技研株式会社 E&A事業ユニット 建材営業統括部 東日本支店 札幌営業所長 中飯 善博
  • 自動車用シーリング材に使用する塩ビ代替技術の開発 従来の強度と作業性を備えた塩ビフリーのシーリング材を世界で始めて量産車に採用。 サンスター技研株式会社 自動車事業ユニット 研究開発部 電子材料グループ 大野 仁

MC関連

  • ディスクの性能を高めていくことが環境対策につながっていく。 PT.Sunstar Engineering Indonesia COO 星 良雄 サンスター技研株式会社 モーターサイクル事業ユニット 製品開発部 仲辻 毅
  • ディスクの性能を高めていくことが環境対策につながっていく。 PT.Sunstar Engineering Indonesia COO 星 良雄 サンスター技研株式会社 モーターサイクル事業ユニット 製品開発部 仲辻 毅
  • インテリジェントバイクの燃費向上 センサーやモーターなどすべての構造を見直し、50%の燃費向上を実現しました。 サンスター技研株式会社 E&A事業ユニット MC研究開発部 部長 吉家 彰人