ホーム > 企業情報 > プレスリリース > 2018年プレスリリース > サンスター アフラック「がん経験者支援プラットフォーム」に参画 口腔ケアに関する情報提供における業務提携について ~がん経験者やがん患者の方々がより良く生きる社会の実現のために~

サンスター アフラック「がん経験者支援プラットフォーム」に参画
口腔ケアに関する情報提供における業務提携について
~がん経験者やがん患者の方々がより良く生きる社会の実現のために~

2018年9月21日
サンスターグループ

サンスターグループ(以下サンスター)は、アフラック生命保険株式会社の「がん経験者支援プラットフォーム」の趣旨に賛同し、口腔ケア関連情報の提供による、がん経験者やがん患者の方々がより良く生きる社会実現への貢献を目的とした、業務提携を行いましたのでお知らせします。


アフラック生命保険株式会社は、がん経験者を取り巻く社会的課題を解決すべく2018年4月に立ち上げた「がん経験者支援プラットフォーム」で、がん経験者が抱える「身体」「こころ」「お金」「仕事」に関するさまざまな不安や悩みなどを解決していく為に、具体的なサービス提供の第一弾として、9月からがん経験者の方々が多種多様な情報を交換することができるSNS(スマートフォンアプリ)を開始します。


サンスターは、本プラットフォームの趣旨に賛同して業務提携を行い、がん経験者ならではのお口の悩みを軽減するための口腔ケア関連情報を11月より提供することといたしました。


抗がん剤治療や口の周囲の放射線治療が開始されると、口腔粘膜が炎症状態になり、口腔内環境が急激に悪化することがあります。口の中がヒリヒリする、唾液が少なく粘つく感じがするなどの不快な症状から、口腔粘膜炎が生じて、食事や歯をみがくことでも痛みや刺激を感じることがあります。そのため、がん治療中はより一層口腔ケアが大切になります。


サンスターは、口腔と全身に関する研究を1990年代より続けており、その一環として、がん治療における口腔合併症の予防、軽減するための研究をおこなっています。また、2016年には静岡県医療健康産業研究開発センターに、サンスター研究施設、「静岡イノベーションセンター」を構え、医療従事者、患者のニーズをくみ上げ、口腔と全身を基本とした研究開発に取り組んでおります。


今回の業務提携では、今まで積み重ねてきた知見、経験を活かし、口腔ケア、及び口腔ケアと全身の関係に関する情報提供をすることで、がん経験者の方をサポートしてまいります。

サンスターは、今後も自社の強みを活かし、新たな事業を通した社会問題解決の努力を続け、人々の健康の増進と生活文化の向上に努めてまいります。


サンスターグループについて

サンスターグループは、持株会社サンスターSA(スイス・エトワ)を中心に、オーラルケア、健康食品、化粧品など消費者向けの製品・サービスをグローバルに統括するサンスター・スイスSA(スイス)と、自動車や建築向けの接着剤・シーリング剤、オートバイや自動車向け金属加工部品などの産業向け製品・サービスをグローバルに統括するサンスター・シンガポールPte.Ltd.(シンガポール)を中核会社とする企業グループです。

本件に関するマスコミからのお問い合わせ先
サンスターグループ 広報部   TEL:03-5441-1423 FAX:03-5441-8774
〒105-0014 東京都港区芝3-8-2 芝公園ファーストビル21階 http://jp.sunstar.com

別紙:

がん経験者支援のプラットフォーム概要

  1. がん経験者支援プラットフォームとは
    がん治療中の方々を含むがん経験者の方々が、治療中も治療後も充実した人生を歩むために必要なさまざまな支援サービスをがん経験者目線に立って利用しやすい形で提供していくための仕組みです。
     
  2. 概要
    本プラットフォームは、主に以下の機能を有し、今後、具体的な支援サービスを稼働させていきます。

がん経験者向けSNSアプリの概要

がん経験者やそのご家族の悩みを軽減するなど、がん経験者支援を目的として、がんを経験した方が自分の状況に近い人を見つけたり、想いや経験をつぶやく場を作ります。また、日々の治療を記録することもできます。

機能

  • 仲間を見つける
  • 想いや経験をつぶやく
  • 患者同士のコミュニティ形成
  • 心身の状態や日々の治療内容を記録する(診療時に医療者に見せる)
  • 病院や参画企業からのがんに関する情報を参照する など

時期

サンスターからの情報提供開始は、2018年11月下旬を予定。