ホーム > 企業情報 > サンスターの歩み > サンスターの起源

サンスターの歩み

創業から現在まで、サンスターが歩んできた歴史をご紹介します。

サンスターの起源

サンスターの起源は1932年、創業者・金田邦夫による自転車の部品販売に始まります。その後、自転車用ゴム糊(タイヤ・チューブ用接着剤)を自社製造販売して成功しました。当時、ゴム糊を入れていたのが金属チューブ。ここに歯磨を入れるという創業者の決断から、1946年「サンスター歯磨第1号」が誕生しました。
一方、自転車用ゴム糊からスタートした自転車部品の製造販売も徐々に拡大し、100近い自転車部品の中からギヤーとクランクを手がけることになり、現在のサンスター技研株式会社の基盤ができました。 以来、時代のニーズと変化に対応しながら、自転車用ゴム糊は高分子化学の技術へと進化し、合成接着剤、シーリング材など化学品事業分野へ拡大しました。また、自転車用ギヤークランクはモーターサイクル用スプロケット・ブレーキディスクなど、金属事業分野へ発展しました。そして現在、サンスター技研の優れた技術は、オートバイに使用される精度の高いスプロケット、ブレーキディスクを生み出し、国内のすべての二輪車メーカー他、海外ではハーレーダビットソンでも採用されています。
このようにサンスターグループは、自転車用ゴム糊など自転車部品の製造販売からスタートしており、二輪車と関わりの深いところにグループの原点があります。すべての技術の発展には原点があり、サンスターにとってのそれは自転車であったといえます。